引越しの費用から引越し業者まで引越しのことなら引越し最前線

引越しは結構費用がかかるのが当たり前です。ですが、できるなら格安で引越しを済ませたいですよね。格安で引越しをするためにはいくつかの方法があります。

格安で引越しができる一番簡単なケースは単身引越しです。学生さんが一人暮らしをするために引越しをする場合や仕事の関係で単身赴任をする場合など、一人分の荷物を引越しする場合は、格安なプランがたくさんあります。

これ以外で、家族やオフィスの引越しを格安にするためには、色々なテクニックが必要になります。遠方への引越にはあまり適さないのですが、荷物を運ぶのを男性が手伝う代わりに作業員さんを減らして安く上げる方法や近場の引越の場合に大きな荷物や重たい荷物から順に積んでいってもらい、積みきれない荷物がある場合は自分で運ぶという積み切りの方法、段ボールや衣装ケースなど荷物を梱包する資材はリサイクルを利用するまたはリサイクル可能なエコ素材を使っている引っ越し業者を選択するなどがあります。

作業員さんを減らしてもらうのは、引越しでどれだけ値切ってもどうしても下げることができないのが人件費です。ですので、思い切ってこの人件費を丸ごと削減する方法がこれです。ですが、これは荷物運びを手伝う男性にかなりの負担がかかるので、よく考えてからにしましょうね。また、積み切りの契約ですが、これは、荷物量にかかわらず、トラックの大きさで契約することになりますので、どれくらいで手を打つかが勝負になります。引越しが比較的暇な時期にこれを使うと、トラックの空き状況に応じて契約していたトラックより大きなトラックで来てくれたりするラッキーなケースも稀にあります(実際に私がオフィスの引越で経験したケースです)。

後は、梱包資材に費用を掛けないようにする場合ですが、引っ越し業者によっては、引越しの契約に必ず新品の段ボールを最低これだけ含めないといけないと、しているところがあるようです。その場合は、その新品段ボールを最低量にしてもらい、後は、リサイクル(一度どなたかが引越しで使用した段ボールを再利用する)段ボールを利用するようにすると引っ越し費用が安くなります。最近では、エコ意識が強いので、初めからリサイクル可能な梱包資材を用意している引っ越し業者が増えてきました。こういう引越し業者は比較的費用を抑えているケースがありますので、確認してみましょう。

そして、何より引越しが格安になるのは、平日に時間お任せで引越しをすることです。同じ平日でも、この日は引越しが安くなるという日を設定している業者もありますので、ホームページを確認するか問い合わせをするかしてみましょう。同じ荷物量でも引越し料金がぐっと格安になりますよ。

コメントを残す